知っていると役立つ健康チェック

 毎日食べる食品の微量栄養素や植物の酵素、必須脂肪酸、それらを体内で合成して作る消化酵素は病気から体を守って免疫細胞に必要な要素です。これ等が不足すれば病気になりますが、体はその前に「悪い兆し」を教えて知らせようとします。

まず、毎日洗髪しても「フケ」がひどく出る場合は、ビタミンB6とセレニウムの不足が疑われます。これらの不足が続くと、皮膚炎や貧血、制ガン力が衰えます。

女性で髪の毛がやせてきたら、ビタミンB群特に葉酸不足が疑われます。この栄養素は、ホーレン草に豊富に含まれます。

耳の後ろの皮膚にひび割れができていることに気付いた人は、亜鉛不足です。このミネラルが不足すると、インスリンの形成を妨げ、細胞が老化します。「牡蠣(かき)」(牡蠣のサプリは有名です)「ナッツ」類に豊富に含まれます。

子供で、睡眠不足でもないのに眼の下にクマがあるのは、アレルギーのサインです。子供の不自然なシワやまぶた(下)の腫れも同様です。食品添加物を避ける食事にして数日様子を見ましょう。

いわゆる三大アレルゲンと言われるものは、この期間食べるのを避けましょう。

指の関節が膨らんで柔らかく感じられることがあると、ナイアシンの不足を考えましょう。補給源は玄米や小麦胚芽、ビール酵母などです。

子供のひじ、手首の裏にできるうろこ状の肌荒れは食品アレルギーの疑いがあります。アレルゲンと思われるものを除去し、ビタミンCや亜麻仁油などの摂取を始めてください。